インプラント|東新宿で歯科をお探しの方はANBI新宿歯科・矯正歯科まで

ANBI新宿歯科・矯正歯科

Implant

「切開しない、縫合しない」
アンビのインプラント治療

  1. 手術が怖い
  2. 痛みが苦手
  3. 身体的、経済的な負担が大きそう

このような不安から、「インプラントに興味があるけど躊躇してしまう」という方へ。
アンビはフラップレスインプラントという、切らない、縫わないインプラント治療をご提案しています。

フラップレスインプラントとは

フラップレスインプラントとは

歯科用CTでとコンピュータシミュレーションを使ったガイドシステムで、インプラントを埋め込む位置を精密に決めていきます。

オペの際はガイドに沿った位置で、歯ぐきを切開するのではなく、最小限の穴をあけてインプラントを埋め込みます。
そうすることで、歯ぐきを歯槽骨から剥がす必要や、縫合の必要もないインプラント治療が可能になります。

フラップレスインプラントのメリット

フラップレスインプラントのメリット

精神的な負担を軽減
歯ぐきを切開してインプラントを埋め込むことに不安や恐怖を感じる方は多いと思います。切開の必要がないフラップレスインプラントは気持ちの面でも負担が少ない治療です。

全身疾患のある方でも受けられる
フラップレスインプラントは身体への負担が少ないため、糖尿病や高血圧などの全身疾患がある方も受けられる場合があります。詳しくは歯科医師にご相談ください。

体力の消耗が少ない
フラップレスインプラントは従来の手術と比べて短時間なため、身体的負担を軽減できます。

治療回数が少ない
切開や縫合などが必要ないため、従来のインプラントよりも少ない治療回数で済みます。

出血量・腫れ・痛みを抑えられる
従来のインプラントと比べて傷が小さく、骨から歯肉を剥がさないため、術後の腫れもほとんどありません。麻酔が切れてからの痛みも少ないため、術後の生活への影響を抑えられます。

審美性に優れている
フラップレスインプラントは、従来のインプラントに比べて歯肉が下がりにくくなっています。そのため、審美性にも優れていると言えます。

フラップレスインプラントのデメリット

費用が高くなる場合がある

シミュレーション通りにインプラントを埋め込むためのガイドシステムは、インプラント手術の成功率が上がりますが、治療費が高くなります。

途中で切開手術に変わる場合がある

手術前のシミュレーションと実際の状態に大きな差がある場合は、通常の切開手術に切り替える場合があります。

適用できない場合がある

フラップレスインプラントは、歯肉と骨の状態によっては適用できません。事前の検査で問題がなくても、手術が始まってから適用できないことが発覚する場合もあります。

  • 負担の少ないアンビのインプラント

    負担の少ないアンビのインプラント

    CTスキャンで撮影した3D映像をもとに的確な埋入位置や角度などを割り出せる、インプラント専用のデジタルシミュレーションを導入しています。それにより製作された手術用のナビゲーションガイドを装着することによって、誤差がほとんどない高精度な手術を行っています。
    手術は10年以上のインプラント経験をもつ歯科医師のみが担当。笑気麻酔なども必要に応じて使用し、大学病院レベルの高度な技術、少ない負担での治療を実現しています。

  • 海外でもメンテナンスを受けられるよう、世界的にシェア率の高いメーカーを使用

    海外でもメンテナンスを受けられるよう、
    世界的にシェア率の高いメーカーを使用

    インプラントは、治療完了後のメンテナンスがとくに大切です。しかも、メンテナンスにはインプラントメーカー専用の器具を使用しなくてはなりません。当院では、皆さまが海外でもメンテナンスを継続できるよう、オステム社やストローマン社のインプラントのみを使用しています。この2社は世界シェア率が高く、国際的にも信頼されているメーカーなので、海外移住や帰国などの予定がある方にも安心しておすすめできます。

  • 治癒期間の短縮が可能なストローマン「Roxolid SLActive」

    治癒期間の短縮が可能なストローマン
    「Roxolid SLActive」

    ストローマン社が開発した「Roxolid SLActive」というインプラントは、インプラント体(骨に埋め込む部分)の表面を改良し、従来よりも短い治癒期間が特徴です。
    体内のタンパク質との接触面積を増やし、骨の再生を促進するスピードを約16倍も早めることができました。その結果、顎の骨に早くなじむようになり、一般的には3~6ヶ月ほどかかるところを3~4週間ほどにまで短縮が可能となりました。
    当院では「IS3™ISQモニター」を使い、結合状態を測定してインプラント体が安定したかどうかを判断しています。この測定によって、より適切で成功率の高いインプラント治療へとつながっています。

Treatment Environment日本トップレベルの治療体制

インプラント顧問 塩田 真

インプラント顧問として
塩田真先生をお迎え

当院でインプラント治療を受けていただく患者様に、より高度な治療をご提供できる体制を整えるため、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 インプラント先端医療診療科長(前・准教授、~2021年3月)である塩田真先生を顧問としてお迎えすることといたしました。

最新の医療機器と設備を取り入れています

当院では、大学病院以上の施設として、大学病院での診察が困難だった方々にも治療を受けていただける環境を整えています。

加えて、顧問である塩田先生から深い知見をいただきながら治療にあたるため、大学病院以上の高度な治療を受けていただけます。

インプラント手術は全て院長の安医師と、東京医科歯科大学インプラント科で5年以上勤務してきた医師が行います。

医療関係者の方へ

インプラント関連の手術依頼をお受けいたします。
こちらのPDFをダウンロードのうえ、FAXまたは郵送にてお送りください。

Implant Priceインプラントの料金について

ANBI専属の協力技工所を運営する当院では、手術数も多いため仕入れコストが抑えられ、
リーズナブルな価格で高水準のインプラント治療が可能です。

ANBIインプラント
メーカー オステムオステム ハイオッセンハイオッセン オステムストローマン
Roxolid SLActive
構造 構造 構造 構造
価格
(税抜)
合計35万円 合計35万円 合計39万円
メーカー
特徴
世界シェア5位、アジア圏ではシェア1位の、アジア・太平洋を代表するメーカーです。骨との結合性に優れ、リーズナブルな価格が特徴です。ラインナップも豊富で多くの症例の治療が可能であり、顎の小さい日本人に合うショートインプラントも用意されています。 世界売上1位、世界シェア4位のUSA製のインプラントです。強い初期固定力と治癒力の速さが特徴で、アメリカ国内でも品質に定評があります。ヨーロッパ、アジア圏など、世界約20カ国で使用されています。 ストローマンは世界シェアナンバー1のインプラントです。世界70カ国以上、約500万人に使用されています。その理由には、世界基準の品質管理に基づく安全性、長期にわたる安定性、骨への定着の速さがあげられます。
補償期間 10年 10年 10年
インプラント保証システム
治療後〜5年 100%保証 アンビのインプラントは安心の保証制度を設けています。インプラント本体は10年、被せ物(上部構造)は5年間の保証になります。
保証を適用するには定期的にメンテナンスを受けていただく必要があります。適切なメンテナンスを続けないと、天然の歯と同じく歯周炎などのトラブルになる可能性があるためです。
5〜6年 70%保証
6〜7年 60%保証
7〜8年 50%保証
8〜9年 40%保証
9〜10年 30%保証
  • ※上部構造の素材は選ぶことができます。上記は基本のフルジルコニア冠のケースです。
  • ※骨の量が足りない場合などは、別途治療と費用が発生することがあります。
  • ※持病のある方は治療を受けられない場合があります。
  • ※基本手術費とインプラント手術ナビゲーションガイド費用が追加で発生いたします。

Flow治療の流れ

  1. step1

    精密検査・カウンセリング

    インプラント治療が適しているかを調べるため、精密検査・カウンセリングを行います。全身状態の問診と、お口の中の型取り、レントゲン・CTの撮影を行います。問診内容とデータをもとにインプラントの可否を決定いたします。

  2. step2

    デジタルシミュレーション

    CTスキャンで撮影した3D映像をもとに、コンピューター上で埋入場所や角度などをシミュレーションし、治療計画を立てます。そしてシミュレーション通りの手術を行えるよう、データから3Dプリンタでオーダーメイドの手術用ガイドを製作します。

  3. step3

    埋入手術・安定期間

    局所麻酔、笑気麻酔を併用して、顎の骨に人工歯根の埋め込み手術を行います。個人差がありますが、人工歯根と骨が結合するまでには、3~6ヶ月程度ほど時間がかかります。

  4. step4

    人工歯の装着

    人工歯根に人工歯を被せるための土台を取り付け、型取りをします。患者さまの歯の色に合わせたセラミックの人工歯を製作し、インプラントに装着したら治療終了です。

  5. step5

    メンテナンス

    インプラントは治療完了後の定期検診が不可欠です。メンテナンスを怠ると、最悪の場合せっかく入れたインプラントが使えなくなってしまいます。長く快適に使うために、定期検診でのメンテナンスを継続しましょう。
    ※定期的なメンテナンスに来られない場合、補償ができかねる場合がございます。予めご了承ください。

Q&AインプラントQ&A

  1. Q1インプラントの手術は痛い?時間は?
    A1麻酔を使うので痛みはなく、1本あたり10分程度です。

    局所麻酔をしてから手術を行いますので、痛みを感じることはありません。
    術後2~3日は腫れたり、痛みが生じることもありますが、抜歯のときほどの痛みではありません。
    当院はインプラント治療を得意としておりますので、9割以上は歯ぐきを切開せずに手術しています。所要時間は1本当たり20分程度で、骨造成が必要な場合でも1時間程度です。不安が強い方には笑気麻酔も行えますので、ご遠慮なくお申し付けください。

  2. Q2インプラントは何年ぐらいもちますか?
    A2口腔内環境やメンテナンスで個人差があります。

    残っている歯の本数やかみ合わせ、定期検診の回数などで変わってきます。
    一般的に使われているチタン製インプラントは約50年前からありますが、定期的なメンテナンスをすれば半永久的に使用できることが証明されています。
    反対に、治療後のメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎などのトラブルが発生して、せっかく入れたインプラントがグラついてしまうこともあります。

  3. Q3インプラント治療は保険適用されますか?
    A3自費治療となります。

    インプラント治療は、健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象になります。
    税務署への確定申告をすることによって、税金が還付されます。

  4. Q4インプラント治療できない場合もありますか?
    A4口腔内の状態や持病のある方にはできない場合があります。

    脳疾患、心疾患、糖尿病など、全身疾患のある方、妊娠中の方にはインプラントの処置自体ができない場合もあります。
    かかりつけの医師に当院からご相談のうえ、可能かどうかを決定いたします。
    また、口腔内の状態が極端に悪い方は、そのままインプラント治療をしても長持ちさせることができないため、まず口腔内の治療を行い、改善後に改めて判断いたします。

  5. Q5インプラント治療はどこの歯科医院で受けても同じですか?
    A5経験豊富で高水準の技術力を持つ歯科医師におまかせください。

    インプラント治療では、使用する素材の品質などはもちろんですが、治療にあたる歯科医師の技術力が何よりも大切です。
    当院の院長は、国内外で数多くのインプラント埋入の実績があり、難症例も多数経験しています。
    大学病院レベルの治療を気軽に受けていただける歯科医院をめざしていますので、安心してご来院ください。